性力アップ

性欲・感じ方は男性、女性で違う|セックスレス解消法

投稿日:

夫の性生活のすれ違いに悩む妻の画像

パートナーとのセックスで悩んでいる方は少なくありません。

 

ただ、セックスの悩みは男女の違いや年齢からくる体の変化を考えることで解決できる場合も数多くあります。

 

そこで今回は男女の性欲や感じ方の違いを紹介するとともに、セックスレスとなる要因や、男性を悩ませる機能障害の改善方法などを詳しく紹介していきます。

 

性の目覚めには差があります!女性のピークは大人になってからです

 

男性は一般的に10代の初めから半ばにかけて性的な目覚めを覚えます。

 

男性の性的な目覚めには男性ホルモンが関与していると考えられており、男性ホルモンが最も分泌される10代から20代前半にかけてピークを迎えます。

 

この男性ホルモンは体の機能が出来上がる20代から30代にかけて徐々に減少し始め、それに伴い少しずつ性欲や性的能力も減退するのが一般的です。

 

一方、女性の性的な目覚めには女性ホルモンが関与していると考えられています。

 

女性ホルモンに含まれるエストロゲンは8歳から10歳ごろになってようやく活動を始めると考えられており、分泌がピークを迎えるのは出産適齢期となる20代以降です。

女性のベッドでの画像

一般論として男性の性欲は10代から20代にかけて高まるのに対して、女性は30代や40代に入ってから性欲が高まると言われるのは、このようにホルモンが分泌されるタイミングに男女差があるからです。

 

ただ、性欲には様々な要因が関係しており、ホルモンの影響だけで全てを説明することはできません。

男女の本能は違う!女性のオーガズムは緩やかなのが特徴です

性交渉で得られるオーガズムにも男性と女性とでは大きな差があります。

 

男性の性欲は食欲に似たところがあり、女性を前にすると急速に性欲が高まるのが特徴です。

 

性交渉では短時間で興奮のピークを迎えてオーガズムへと達します。

 

一方の女性は男性とは性的興奮の高まり方が異なっており、性交渉が始まってもすぐにオーガズムに達することはありません。

 

衝動的な男性のオーガズムとは異なり、時間をかけて緩やかにピークを迎えます。

女性のベッドでのセクシーな画像

 

また、男性の場合は相手が誰であってもオーガズムに達することが可能ですが、女性の場合はそうはいきません。

 

安心できる環境で信頼する人との性交渉においてのみオーガズムに達すると言われています。

 

オーガズムに達する仕組みに男女差があるのは本能によるものです。

 

男性には自身の遺伝子を少しでも多く残そうとする本能が働きますが、女性の場合は優秀な遺伝子を残そうとする本能の方が強くあります。

 

このような遺伝子に組み込まれた本能の差が男女の性交渉に大きく影響しているのです。

互いの違いを理解することが大切!ピークの違いを理解してお互いが楽しめる工夫をしましょう

元気を取り戻した男性が崖をジャンプする画像

 

パートナーとのセックスをより楽しいものとするには男女差を理解することが大切です。

 

男性の性欲は女性の体に触れた時にピークを迎えます。

 

性的興奮は短時間でピークを迎え、射精した後には急速に性欲が解消されるのが特徴です。

 

女性の性欲のピークはセックスが始まってから徐々に高まるのが一般的です。

 

男性のように衝動的に性欲が高まることはありません。

 

男性のセックスは本能的、女性のセックスは感情的と言われるのは性衝動にこのような差があるからです。

 

近年ではセックスレスで悩むカップルも少なくありません。

 

セックスレスとなる理由には様々な原因が考えられますが、セックスの際に男女の差を無視していることが一つの要因になっていると考えられます。

 

セックスレス解消には、オーガズムを迎えるタイミングが男女では違うという点を認識することが大切です。

 

男性の場合であれば、射精すればそれで終わりとするのではなく、射精後のスキンシップを大切にすることがセックスレス解消へとつながります。

 

セックスの際には男女でピークを迎えるタイミングに差があることを意識し、お互いが楽しめるように工夫するようにしましょう。

有効成分をチャージ!精力剤サプリなら無理なく続けることができます

男性の性欲が30代から40代にかけて大きく減少すると言われています。

 

男性の性欲が減退する原因は様々です。

 

男性ホルモンのピークが過ぎ、性欲そのものが減退することも大きな要因となっていますが、それ以上に男性機能の衰えやストレスなどが大きな要因になっていると考えられています。

 

このような男性機能の衰えに効果的なのが精力剤です。

 

精力剤にはED治療薬のような即効性はありませんが、男性機能を維持するのに役立つ様々な成分が含まれているので、体の内部からしっかりと体調を整えることができます。

 

精力剤に含まれている成分は、アルギニン、亜鉛、シトルリンなどが主なものですが、これらの成分はサプリならより手軽に摂取することができます。

 

ED治療薬は医薬品となるので定期的に摂取することには抵抗感が伴いますが、市販で販売されているサプリであれば、副作用の心配をすることなく手軽に続けられる点も魅力となっています。

 

30代や40代になって、男性機能の衰えが気になりだした方は、サプリを利用して体のバランスを整えることをおすすめします。

 

まとめ

男性の性欲は30代以降には減退します。

 

男性ホルモンの働きが弱まることで、セックスレスとなってしまったり男性機能の衰えが気になりだしたりするのもこの年代からです。

 

性欲はあるのに体がついていかないと悩んでいる方はサプリを試してみましょう。

 

サプリには性機能の維持に効果的な成分も含まれているからです。

 

体のバランスが整ってくればセックスにも余裕ができ、パートナーとの性生活もより充実したものとなるでしょう。

 

おすすめ精力剤ランキング

 

-性力アップ
-,

Copyright© 精力剤Searcher!  , 2018 All Rights Reserved.