男性更年期

40~50代の男性必見!テストステロンを増やす7つの方法-精力剤Searcher

更新日:

こちらでも書きましたが、テストステロン(男性ホルモン)値の低下が男の精力(性力)を下げる大きな要因です。

 

歳をとるに従って「精力が落ちてきた」「性欲が湧かなくなった」、などの症状がある人はこのテストステロン値が下がってきている可能性があります。

 

調査では特に40~50代の男性のテストステロン値が他の世代(もちろん上の世代)よりも低いことが判明しました。

 

私もバッチリこの世代です。

 

この世代は家庭でも、仕事でもなにかとストレスが多い世代なんですかね。

 

あまりに急激なテストステロン値の減少は「うつ病」の発症リスクにも繋がります。

 

直接的なホルモン補充(強精剤)などの方法もありますが、これには重大な副作用があります。

 

それは外部から直接、テストステロン(男性ホルモン)を補充すると体が自分でテストステロンを作り出さなくなってしまうことです。

 

ここでは歳をとっても自分の体内でしっかりとテストステロン(男性ホルモン)値を維持する方法をピックアップしてみます。

 

テストステロン値を下げないための7つの方法

  1. 適正体重にする
  2. 筋トレをする
  3. 日光にあたる
  4. 良い睡眠をとる
  5. アルコール・タバコの制限
  6. ストレス発散法を見つける
  7. 亜鉛を摂取する

 

 

1.適正体重にする

 

標準体重内に納まっていると安心してはいけません。問題は脂肪量です。

 

特に内臓脂肪が大目の人はテストステロンの分泌がすくないことが指摘されています。

 

2.筋トレをする

 

「1」と関連することですが、筋トレがテストステロンの分泌を促します。

 

ただし長時間、ダラダラやるのではなく、短時間で高強度の筋トレが効果的です。

 

管理人は一時期、「TABATA PROTOCOL」を固定バイクで実践していました。

 

本当に短時間で効果バツグンです。

 

真剣にやると最初は確実に吐きます。(笑)

 

3.日光にあたる

 

これ私は最初は抵抗がありました。

 

40半ばを過ぎてくると肌のシミが気になってきました。

 

こめかみ辺りにシミが出来ると一気に老けてみえますからねー。

 

ただし1日15分から20分は日に当たるようにするとテストステロンの分泌が促されるようです。

 

これは日光に当たることにより体内でビタミンDが合成されるからです。

 

ビタミンDが体内に一定量あるとテストステロンの分泌がスムースに行われるのです。

 

日焼けに気をつけて、日光を浴びましょう!

 

4.良い睡眠をとる

 

「いやぁー昨晩寝てなくてサー」などと寝てない自慢する人っていますがテストステロンの分泌の面から言えば最悪です。

 

人生の中で3分の1の時間を占める睡眠、この睡眠中にテストステロンをはじめさまざまはホルモンが分泌されます。

 

特に最近の研究では眠り始めの深い睡眠、徐派睡眠が重要だと言われています。

 

睡眠時間も重要ですが、快適に寝るための寝具にも気を使いましょう。

 

 

5.アルコール・タバコの制限をする

 

まず適当な量のアルコールは気持ちを落ち着かせ、リラックス効果ももたらします。

 

ただ過度の飲酒はテストステロンの分泌を阻害するのです。

 

これはアルコールがタンパク質の合成を妨げるため。

 

そしてタバコ。

こちらは少し複雑です。

 

実は調査では喫煙習慣がある男性は喫煙しない男性よりもテストステロン値が高いことが分かっています。

 

しかし、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ血流を阻害させる作用があります。

 

ここでも述べているとおり、ペニスの動脈は人の体の中でも一番細いところです。

 

いくらテストステロン値が高くなっても勃たなくなったら本末転倒です。

 

性欲はあるけど勃たないという結果になります。

 

ただしタバコもストレスを減らす役目があります。

 

急に禁煙することで弊害もおきかねません。

 

禁煙外来などへ通い、徐々に減らしていく方が良いです。

 

6.自分なりのストレス発散法を見つける

 

」と関連しますが、このストレス社会の中で自分なりのストレス発散法を見つけておくことがテストステロン値の維持に大切です。

 

スポーツや音楽でも良いです。

 

ただできれば人と交わる趣味が良いです。

 

というのもテストステロンは「社会ホルモン」と呼ばれるように人との交わりの中で力を発揮するからです。

 

7.亜鉛を摂取する

 

亜鉛は「セックスミネラル」と言われるようにテストステロンの分泌にも関係性が深い成分です。

 

元来、亜鉛は普段の食事からでも必要量は摂れるとされていますが、昨今の加工食品の添加物が亜鉛の吸収を阻害しているとの報告もあります。

 

10mg/日くらいの低含有で質の良い亜鉛サプリを継続的に摂取するのがおすすめです。

 

-男性更年期
-, , ,

Copyright© 精力剤Searcher!  , 2018 All Rights Reserved.