精力を取り戻すために精力剤を活用する

 

精力が弱まったというとき、簡単に精力剤を飲めばいいと思ってしまいますが、事はそんなに単純ではありません。

とりわけ「勃ちが悪い」「勃たない」「中折れする」といった勃起障害は大きく2パターンあります。

 

一つ目は

 

『性欲はあるが勃起しないケース』

 

二つ目が

 

『性欲がなく勃起もしないケース』

 

です。

最初のケースは主に「器質性」が原因、もしくは「心因性」との混合の可能性があります。

 

器質性の代表が血管障害です。

 

われわれのちんこの動脈は体の中で一番細くて、1ミリ~2ミリしかありません。

 

この血管が詰まることで勃ちが悪くなったり、全く勃たなくなったりするんです。

よく勃ちが悪くなったことを歳のせいだと言う人がいますが、おおきな間違いです。

 

ここの血管が詰まるということはその次に心臓や脳の血管が詰まる可能性があると言うことです。

 

長年の悪い生活習慣や食生活が原因で引き起こされるものです。

 

また心因性は過度のストレスや、過去の失敗のトラウマなどによって、「勃起しない」症状です。

 

ED治療薬(勃起薬)は対処療法で、即効性がある

この症状にはバイアグラ、シアリス、レビトラといった精力剤(勃起薬)が即効性があります。

 

精力剤と言っても分類は医薬品で、日本では医師の処方箋が必要です。

 

精力剤(勃起薬)の成分、シルデナフィル(バイアグラ)、タダラフィル(シアリス)、パルデナフィル(レビトラ)は心臓や脳にも良い効果をもたらすことも分かってきました。(一時期、副作用が騒がれましたが、ほとんどが間違った用法によるものだそうです。)

 

ただしこの精力剤(勃起薬)は対処療法です。服用を止めると元にもどります。

 

 

この精力剤(勃起薬)の使用はあくまで緊急時のものと考えるべきです。

 

 

男性ホルモンの減少による精力減退

二つ目の「性欲もないし勃起もしない」ケースでは特に男性ホルモン(テストステロン)の減少が大きな要因の1つだと考えられます。

 

この対策には男性ホルモンを含む精力剤が効果的です。

 

男性ホルモン(テストステロン)は主にわれわれの金玉(睾丸)で産出されるホルモンです。

 

筋肉や骨、皮膚を強くしたり、精液の生成に必須の物質です。

 

仕事をバリバリこなす、女性にモテる、若々しい男性は、男性ホルモン(テストステロン)が高いと言われます。

 

男性ホルモンは、男を男たらしめ、女性を引き付ける性ホルモンなんです。

 

テストストロンにはメンタル的な影響もあり、

 

『集団の中で勝ち上がりリーダーになる』といった支配欲をアップさせたり、仕事におけるキャリアを願ったりします。

 

起業家、政治家、芸術家、株式のトレーダー等々生き馬の目を抜く競争社会に身を置く人は大体テストステロン値が高いといった研究も存在します。

 

筋肉や皮膚を若々しくキープするのは言うに及ばず、若くてエネルギッシュといった性格にも関係するんです。

 

男性ホルモンが少ない人は老け易く、多い人はいつまでも若々しいんです。

 

男性ホルモンがメンタル面にもたらす作用には、さらに興味深いものがあります。

 

テストステロンがたくさん分泌されている人は、キレにくいということです。

 

昨今、中高年がところかまわずキレるといったニュースを見聞きします。

 

怒りの気持ちをコントロールできずに逆上するのは、テストステロンの分泌が低い状態の人に多いんです。

 

テストステロンが多く分泌されると、いくつになっても挑戦を繰り返し、競争心もあり、我慢もできる状態でいられるのです。

 

 

精力剤(強精剤)は男性ホルモンの直接補充

性欲がなくなったり、勃起不全の場合に効果があるとされるのが「強精剤」と呼ばれる精力剤です。

 

これらの精力剤(強精剤)はそのほとんどが第一類医薬品指定がされていて、処方箋は必要ありません。

 

ただし、店頭で直接薬剤師から、精力剤(強精剤)の効能・効果、使用上の注意、副作用などについて説明を受けなければなりません。

 

精力剤(強精剤)のホルモン摂取は効果も早めにでますが、副作用があります。

 

それは外部(精力剤)からホルモンを取り続けると、自分の体内では男性ホルモンを産生する必要がないと脳が判断するようになることです。

 

つまり体内で自発的には男性ホルモンが作られないということになります。

 

なおホルモン剤はネット通販でも購入可能です。

 

サイトの医薬品専用にお入り下さい

 

 

 

精力剤(強壮剤)で土台作り

そしてこのサイトで紹介していく精力剤(強壮剤)、一般的には男性サプリと呼ばれてますが、は一つ目の勃起薬、二つ目の強精剤どちらの症状に対しても体の中から改善していく土台作りに役立つものです。

 

ですから勃起薬や強精剤のような目に見えての効果は感じにくいかもしれません。

 

精力剤(強壮剤)サプリを日常的に摂る意味

男性の性機能が頂点を迎えるのは10代後半から20代前半です。

 

それ以降は徐々に精力だけでなく、消化機能や代謝機能も衰えて食物に含まれる栄養素も十分に摂取できなくなります。

 

男としての機能を果たすための十分な栄養素が摂取できないと、ホルモンバランスなども崩れ、さまざまな障害が引き起こされます。

 

したがってシトルリンやアルギニン、亜鉛などをしっかりと体に摂りいれるために精力剤(強壮剤)サプリを日常的に利用することが必要となるのです。

 

また精力剤(強壮剤)サプリは副作用等の心配をほぼしなくても大丈夫です。

 

そのため薬局でなくとも誰でも販売することが出来ます。

 

もちろん薬事法の規制で効果効能を謳うことはえきませんが、摂取方法や1日に目安量を記載することはできます。

 

いずれにしても精力剤(強壮剤)、いわゆる男性サプリは体の土台作りですから精力剤(勃起薬)や精力剤(強精剤)のような即効性はありません。

 

数ヶ月間続けることで徐々に体の調子を整えていくものです。

 

そのため精力剤(強壮剤)の継続摂取で「気づいたらビンビンになっていた」、「疲れにくくなった」、「前向きな気持になった」というような効果も得ることが出来ます。

 

ただ精力剤(強壮剤)の服用以外にも適度な運動や、過度の飲酒や喫煙を控える、睡眠をしっかり取るといったことは必要となります。

 

精力剤(強壮剤)の成分

精力剤(強壮剤)には上に書いたように、直接、勃起を促したり、男性ホルモンを補充したりするものではありません。

 

アミノ酸や各種ミネラル、ビタミンなどの栄養素を補充して機能の回復を狙ったものです。

 

精力剤(強壮剤)の代表的な成分で言えば、アミノ酸ならシトルリンやアルギニン。ミネラルなら亜鉛などがあります。

 

また最近の精力剤(強壮剤)でも「医薬部外品」(医薬品に準ずるもので効果が緩やかで副作用がほとんどないもの)も増えてきました。

 

精力剤(強壮剤)サプリの選び方

これまで説明してきましたが、精力剤(強壮剤)サプリは医薬品ではなく栄養補助食品という範疇にはいり、誰でも販売できるものです。

 

そういう訳で世の中にはたくさんの精力剤(強壮剤)サプリが販売されています。

 

サプリの中には優秀な精力剤(強壮剤)サプリもあれば、ほとんど詐欺のようなサプリも存在します。

 

このサイトでは配合されている成分や配合量などから優秀な精力剤(強壮剤)サプリなのか、そしてできるだけ自分で体験してみておすすめ出来る精力剤(強壮剤)サプリをご紹介したいと思います。

 

 

 >>精力剤おすすめ  ランキングへ

 

 

Copyright© 精力剤Searcher!あなたに効果的な性力剤を探します , 2018 All Rights Reserved.